積み重ねた努力はきっと報われる。リラックスできる時間も大切にしましょう。

スタディサプリを子供が学習するときに利用を管理する方法。iPhoneとAndroidに分けてご紹介

パソコンやスマートフォン、タブレットで学習できる「スタディサプリ

小学生や中学生の子供に、スマートフォンを持たせるのは少し不安という保護者もいるはずですね。

スタディサプリのみ利用できる端末は無いので、スマートフォンに制限をかけて子供が学習するのがおススメです。

今回は、iPhoneとAndroidに分けて利用を管理する方法をご紹介します。

iPhone、iPad、iPod touchでペアレンタルコントロールを使う 

iPhone、iPadには、最初から使用制限を設けられるペアレンタルコントロール機能が備わっています。

Webコンテンツやアプリの使用を制限できます。

今回は、最低限設定しておいた方がいい制限をご紹介します。

①iTunes Store や App Store で購入できないようにする

STEP.1
「設定」を開いて「スクリーンタイム」をタップします。
STEP.2
「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。パスコードの入力画面が表示された場合は、入力します。
STEP.3
「iTunes および App Store での購入」をタップします。
STEP.4
設定項目を選択し、「許可しない」に設定します。

Appのインストールや削除、App内課金を制限できます。

特にApp内課金は「許可しない」に設定しておいた方が良いですね。

②標準付属のAppや機能の使用を制限する

STEP.1
「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択します。
中身1
STEP.2
「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
 
STEP.3
スクリーンタイムのパスコードを入力します。
 
STEP.4
「許可された App」をタップします。
 
STEP.5
使用を許可する App を選択します。
 

標準付属のAppや機能について、使用を制限できます。

制限した場合、位置的にホーム画面で見えなくなります。

制限を解除すれば、元の機能が使えるようになります。

スタディサプリ以外のAppを制限しておくと安心ですね。

Safariに制限をかけておけば、ネットを閲覧できなくなります。

最低限、上記①、②を設定しておけば、子供に渡しても安心して学習できるでしょう。

さらに詳しく制限をかけたい場合は、公式サイトappleを確認してください。 

Androidスマートフォン、タブレットで制限をかける 

保護者向け Google ファミリー リンク

保護者向け Google ファミリー リンク
開発元:Google LLC