スタディサプリで勉強するときにテキスト冊子は必要?に答えます

スタディサプリの授業中に使うテキストは3種類の方法で利用できます。

  1. 画面に表示して利用
  2. テキストを自分で印刷して利用
  3. テキスト冊子を購入して利用

私自身もスタディサプリで、画面にテキストを表示して勉強していたのですが、不便なのでテキスト冊子を購入しました。

今回はテキスト冊子が必要かどうかにお答えします。

テキスト冊子はあった方が良い 

結論としては、「テキスト冊子はあった方が良い」です。

スタディサプリの授業では、テキストに載っていない解法やテクニックを学習できます。

授業で1回聞いただけでは、なかなか覚えられないのでテキストに書き留めて、すぐに見返せるようにしておくのがおススメです。

テキストはプリンターで印刷して利用することもできますが、毎回印刷するのは大変ですね。

もしテキストを購入せずに勉強する場合、ノートやルーズリーフなどに大事な点をまとめて、復習できるようにしておきましょう。

公式や教科書に載っている内容だけでなく、テストや受験で使えるテクニックも学べるので、しっかり吸収したいですね。

まずは1冊 

テキストはスタディサプリ有料会員のみ購入できます。

購入方法は以下の記事を参考にしてください。

【スタディサプリ】テキスト購入方法をブラウザとアプリに分けてご説明。

テキストは1冊1200円(税抜、送料込み)ですが、セール開催している場合もあるので、良いタイミングで購入しましょう。

まずは1冊購入して、テキストが必要かどうか判断してみてくださいね。

問題の答えも付属しているので、テキストだけで勉強することもできます。

スタディサプリに登録しよう! 

スタディサプリの登録方法は以下の通りです。

パソコン、スマホどちらからでも登録できます。

STEP.1
学習者・お支払者の情報を登録
名前や学年を入力します。
STEP.2
コースを選択
ベーシックコース個別指導コース合格特訓コースから選びます。

個別指導コースは公立中1~3年生の方を対象に、担当コーチがつきます。

合格特訓コースは高校1年~3年生・高卒生を対象に、担当コーチがつきます。

講座動画を観たい場合は、ベーシックコースを選びましょう。

ベーシックコースでも全ての講座を視聴できます。

STEP.3
決済方法を選択
・クレジットカード決済(12ヶ月一括・月払い)

・キャリア決済(月払い)

・コンビニ決済(年度一括払い)

以上の3つから選べます。

無料体験中に解約すれば、料金はかかりません。

解約方法は、こちらのページを確認してくださいね。

STEP.4
お支払情報の入力
クレジットカード決済の12ヶ月一括払いを選ぶと、2ヶ月分無料でお得に登録できます。

スタディサプリに初めて登録する方は、1ヶ月払いを選んで続けるかどうか決めてみてください。

以上の4ステップだけで完了です!

クレジットカード決済を選んだ場合のみ、14日間の無料体験が適用されます。

解約料などもかかりません。


まとめ 

まずはテキストを画面表示して勉強してみて、必要になったらテキスト冊子を購入してみてください。

テキストを購入せずに勉強する場合、授業の重要ポイントをノートに取ることを忘れずに。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す