【スタディサプリ】 センター数学対策講座の内容まとめ!正確性とスピードを身につけよう!

スタディサプリでは、実績のある講師が過去問を分析したセンター対策講座を受けられます。

費用は月額1980円なので、親への負担も少ないです。

センターで高得点を取れば、志望校合格に近づきますね。

もちろん対策講座だけを見れば良いというわけではありません。

講座を視聴して何が必要なのかを見つけ、勉強を進めましょう!

今回は、センター数学対策講座の内容と先生をまとめました。

スタディサプリとは? 

パソコンやスマホで授業を受けられる、ネット学習サービスです。

運営しているのは、リクルートなので安心感ありますね。

学校教育のサポートツールとしても利用されています。

スタディサプリ活用例

センター対策講座は、月額1980円のベーッシックコースで視聴できます。

塾に比べると安いので、親への負担も少ないですね。

授業で使うテキストも無料でダウンロードできます。

センター英語対策講座 先生&内容 

講座名 先生
センター数学IA対策講座 6 山内 恵介
センター数学IIB対策講座 11 山内 恵介

数学が苦手な場合、センター対策講座だけでも見ておくと、いい結果につながるはずです。

得意な方も、基礎をしっかり固めておけば、より確実に高得点が狙えます。

講座数は少ないので、焦らずゆっくり進めていきましょう!

それぞれの特徴と先生を紹介します。

センター数学IA対策講座 

山内 恵介先生

スタディサプリを通じ、数学の問題があなたにどんな力を要求しているのかを伝えます。

教科書、問題集では自力で解決できなかった疑問が、すっきり解決!本気で授業に臨み、一歩一歩、合格に近づく自分を感じてください。

引用元:公式ホームページ

数学の実践講座なので、1から丁寧に説明してくれるわけではありません。

もし基礎を学びたい方は、高1・2年生数学講座を見てくださいね。

おススメ問題集も教えてくれるので、どれを選んだらいいか分からない場合、参考にしてみてください。

センター試験で出やすい問題ををピンポイントで学習するので、点数につながやすい講座です。

センター数学IIB対策講座 

山内 恵介先生

スタディサプリを通じ、数学の問題があなたにどんな力を要求しているのかを伝えます。

教科書、問題集では自力で解決できなかった疑問が、すっきり解決!本気で授業に臨み、一歩一歩、合格に近づく自分を感じてください。

引用元:公式ホームページ

センター数学で出てくる問題は教科書レベルですが、公式を覚えているだけで解ける場合はほとんど無いそうです。

「何を問われているのか」「どの公式を使って解くのか」、センター数学で必要なノウハウを教えてくれます。

スタディサプリ1・2年数学講座で、基礎を固めたあとは、センター対策をしっかりしておくと良い結果につながりますね。

センター試験過去問をダウンロード 

スタディサプリでは、過去3年分のセンター試験問題をダウンロードできます。

費用はベーッシックコースに含まれているので、追加料金はかかりません。

過去問は出題形式や傾向が分かるので、解いておくと点数アップにつながります。

解答・解説付きなので、復習するとより理解が深まって、本番で力を発揮できるはずです。

スタディサプリに登録しよう





スタディサプリの登録方法は以下の通りです。

STEP.1
学習者・お支払者の情報を登録
名前や学年を入力します。
STEP.2
コースを選択
ベーシックコース、個別指導コース、合格特訓コースから選びます。

ベーシックコースでも全ての講座を視聴できます。

STEP.3
決済方法を選択
・クレジットカード決済(月払い・12ヶ月一括):全コース対象

・キャリア決済(月払い):ベーシックコースのみ

・コンビニ決済(年度一括払い):ベーシックコースのみ

以上の3つから選べます。

クレジットカード決済を選んだ場合のみ、14日間の無料体験が適用されます。

STEP.4
お支払い情報の入力
クレジットカード決済の12ヶ月一括払いを選ぶと、2ヶ月分無料でお得に登録できます。

スタディサプリに初めて登録する方は、1ヶ月払いを選んで続けるかどうか決めてみてください。

以上の4ステップで完了です!

まとめ 

傾向対策するだけでなく、どんな問題にも対応できる力を身につける必要がありますね。

今は大変ですが、志望校に合格すれば、良い思い出になるはずです。

スタディサプリを使って合格した人たちの情報が見れるので、チェックしてみてくださいね。

あなたもきっと合格できるはず!

スタディサプリ大学入試 合格実績

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す